情報

新生児の入浴

新生児の入浴


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

1:45分|表示回数4,263,756回

文字起こしを表示

当サイトのプレゼント

新生児をお風呂に入れる方法

赤ちゃんにバスを与えることは親の儀式です

最初は怖いように見えるかもしれませんが、コツがわかるでしょう!

へその切り株が落ちるまで、新生児にスポンジバスを与えます

その後、数日おきに赤ちゃんを浴槽に入れ始めることができます

物資を集める

マイルドソープ

綿パッド

プラスチックカップ

フード付きタオル

手ぬぐい

部屋を準備する

部屋が素敵で暖かいことを確認してください

華氏68度から72度の間の温度に設定してください

浴槽を準備する

浴槽に2〜3インチの温水(温水ではない)を入れます

内側の手首で温度を確認する

入浴

赤ちゃんを優しく浴槽に入れます

片手で赤ちゃんの頭と首を支えます

清潔な手ぬぐいまたは綿のパッドを使用して、目と鼻の周りを掃除します

週に1回か2回、マイルドなベビーソープまたはシャンプーを使用してください

赤ちゃんの頭皮をやさしくマッサージ

カップの水ですすぐ

残りの体を頭からつま先、前から後ろに洗う

赤ちゃんを温かく保つために、お風呂全体でカップの水で赤ちゃんをすすぐ

小さなお子様と一緒に、これらの瞬間を大切にしてください!

乾燥

赤ちゃんを浴槽からそっと持ち上げます

タオルで包んで軽くたたく

すべてきれい!

ビデオ制作 8:45a

新生児入浴スポンジ

最初の1週間ほどは、温かい湿った手ぬぐいを乳幼児用スポンジバスに入れるのが最善です。頻繁に顔と手を洗い、おむつを交換するたびに性器を徹底的に掃除します。

浴槽で赤ちゃんを入浴

へその緒断端が乾き、脱落し、その領域が治癒したら、数日おきに新生児に浴槽を与え始めることができます。標準的な浴槽の代わりに、台所の流しまたは温かい水で満たされた小さなプラスチック製の赤ちゃん用浴槽を使用するのが最も簡単です。

一部の親は毎日赤ちゃんを入浴しますが、赤ちゃんがうろついてめちゃくちゃになるまで、入浴は最初の1年間、週に3回を超える必要はありません。赤ちゃんを頻繁に入浴させると、赤ちゃんの肌が乾くことがあります。

温水がとても心地よいと感じる赤ちゃんもいます。これがあなたの赤ちゃんに当てはまる場合、彼女を長引かせても大丈夫です。他の人は風呂全体で泣きます–それはあなたが彼女を出し入れしたいときです。お風呂はそれほど時間をかける必要はありません。水が冷えすぎる前に赤ちゃんをきれいにするのに十分な5分です。

新生児を入浴すると、最初は少し怖いかもしれません。小刻みに濡れた、せっけんの小さな生き物を扱うには、練習と自信が必要です。落ち着いて、しっかりとグリップを維持してください。

浴槽で赤ちゃんを安全に保つ方法

  • たとえ1分間であっても、赤ちゃんを監視下に置かないでください。お子様がお風呂に入っているときにトイレから出なければならない場合は、タオルで包んでお連れください。
  • スマートフォンがお子様の見守りの邪魔にならないようにしてください。赤ちゃんは音を出さずに水中に滑り込むことができます。
  • 水がまだ流れているときは、赤ちゃんをたらいに入れないでください。 (水はすぐに深くなりすぎたり、熱くなったりします。)
  • 給湯器を華氏120度に設定します。子供は140度で1分未満で第3度のやけどを負う可能性があります。
  • 子供を放置しないでください。 (はい、私たちはそれを2度リストしたことが非常に重要です)。子供は1インチ未満の水に– 60秒未満で溺れる可能性があります。

ステップバイステップ:赤ちゃんを入浴させる方法

  1. すべてのバス用品(中性石鹸、手ぬぐい、プラスチックカップを含む)を集め、タオル、清潔なおむつ、および衣服を並べます。赤ちゃんが冷えないように、部屋が暖かく快適であることを確認してください。
  2. 手首の内側まで、温かくはあるが熱くないと感じる約3インチの水を浴槽に入れます。華氏約90度(摂氏32度)またはそれより数度暖かいです。
  3. 赤ちゃんをバスエリアに連れて行き、完全に服を脱ぎます。 (ヒント:赤ちゃんがすべてのお風呂で泣く場合は、最初におむつをつけたままにします。これにより、水中での安心感が高まります。)
  4. 片手で赤ちゃんの首と頭を支え、赤ちゃんを最初に浴槽の足にゆっくりと入れます。入浴中に彼女に定期的に一杯の風呂水を注ぎ、彼女が冷たすぎないようにします。
  5. 刺激の少ない石けんを使用し、控えめに使用します(赤ちゃんの肌が乾燥しすぎる)。手または手ぬぐいで上から下、前と後ろに彼女を洗います。最初に、濡れた石鹸の布で頭皮を洗います。布から石鹸を洗い流し、それを使用して目と顔をやさしく洗います。赤ちゃんの鼻孔や目の角に乾燥した粘液がたまった場合は、数回軽くたたいて柔らかくしてから拭き取ります。赤ちゃんの性器については、定期的な洗浄で十分です。
  6. 一杯の水で赤ちゃんを徹底的にすすぎ、清潔な手ぬぐいで赤ちゃんを拭きます。次に、片方の手で首と頭を支え、もう一方の手で底を支えながら、非常に慎重に彼女を浴槽から持ち上げます。 1本の太ももに指を巻き付けます。 (赤ちゃんは濡れると滑りやすくなります。)可能であれば、乾いたタオルで赤ちゃんを受け入れることで、別の大人の手助けをしてください。
  7. フード付きのタオルで赤ちゃんを包み、軽くたたいて乾かします。出産後も肌がはがれている場合は、入浴後にマイルドなベビーローションを塗ってもかまいませんが、これは一般的には乾燥肌ではなく、とにかく抜ける必要のある古い肌です。次に、おむつをして、服を着て、甘い香りのする頭にキスをします。


ビデオを見る: 新生児の沐浴沐浴の仕方を助産師ママが実際に解説します育児VLOG EP4 (六月 2022).