情報

配合飼料を選択する

配合飼料を選択する


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

私は自分の赤ちゃんに調乳を与えたいのですが、誰もが母乳で育てる方が良いと言っています。これは本当ですか?

粉ミルクと母乳のどちらも、赤ちゃんにとって有効で健康的な選択です。どちらか、または両方の組み合わせを行うかどうかの決定は、純粋に個人的なものであり、家族や状況に何が適しているかに依存します。

母乳は、赤ちゃんに可能な限り最高の栄養を与え、感染から保護し、さらには乳児の栄養ニーズを満たすように調整します(調合乳ではできないこと)。あなたも恩恵を受けます:母乳育児は赤ちゃんとの絆を深めるのに役立ちます。また、卵巣がんや乳がんのリスクを下げる可能性があるという研究結果もあります。

可能であれば、少なくとも最初の1か月は看護を試し、自然免疫を子供に受け取らせてください。

または、母乳育児と人工乳の組み合わせを検討してください。授乳中の場合は、母乳の供給が十分に確立されている限り、1日1回だけ粉ミルクを与えることは問題ありません。母乳の供給は通常、出産後1か月以内に発生します。一部の女性はこのように補足します。これは、人工授乳が(特に真夜中に)休憩を与え、パートナーに赤ちゃんの摂食を手伝わせるためです。

とは言っても、最初から、または一定期間の授乳後のいずれかでの排他的な式の授乳も、赤ちゃんを養う健康的な方法です。フォーミュラには、母乳育児の赤ちゃんがビタミンDなどのサプリメントから摂取しなければならないいくつかのビタミンやその他の栄養素さえ含まれています。

選択に不安がある場合は、医学的事実を政治的および文化的な修辞から切り離してみてください。お子様の医師があなたと協力して、赤ちゃんが必要なすべての栄養素を摂取していることを確認し、成長を図表にして、成長していることを確認します。結局のところ、あなたが赤ん坊のためにできる最も重要なことは、愛と育てることです-そしてそれには、あなたがどちらの方法を選んでも授乳することが含まれます。

女性が配合飼料を選択する理由はたくさんあります。その中には、乳児のしゃぶり反射が悪い(未熟児によく見られる)母親の乳児期の分離、痛みを伴う授乳、赤ちゃんが十分な乳汁を得られない恐れ、仕事に戻る必要性、健康上の問題などがあります。授乳中の乳児にとって安全ではない薬、および他の家族に授乳を手伝ってもらいたいという願望が必要です。

どのタイプの数式を使用する必要がありますか?

ほとんどの製法は牛乳または大豆から作られています。牛乳や大豆タンパク質にアレルギーのある赤ちゃんや、未熟児や低出生体重児のための特別な処方もあります。貧血を防ぐために、選択するフォーミュラは鉄分を強化する必要があります。赤ちゃんに適した処方を選択する方法の詳細については、記事を参照して、赤ちゃんの医者に相談してください。

どうして私は自分の乳牛の乳だけを与えられないのですか?

乳牛の乳を与えないでください。成長する乳児に適切な割合で適切な栄養素が含まれていないため、赤ちゃんの1歳の誕生日まではお勧めできません。また、消化不良の原因にもなります。

お子様を通常の牛乳に移行する時期と、切り替え方法についての詳細をご覧ください。

フォローアップフォーミュラとは何ですか?それに切り替える必要がありますか?

フォローアップフォーミュラは、固形分をすでに食べている4〜12か月の乳児向けに特別に設計されています。フォローアップフォーミュラには、乳児用フォーミュラよりも多くのカルシウム、鉄、タンパク質、およびカロリーが含まれています。

ほとんどの赤ちゃんはフォローアップ式を必要としません。医師は、両親に粉ミルクで満たすのではなく、4〜6か月後に固形食品(ベビーシリアル、ピューレ状の肉、果物、野菜)を赤ちゃんに紹介するように勧めています。

それでも、それは個々の子供に依存します。食物アレルギーのある赤ちゃん、さまざまな食物に非常に敏感な赤ちゃん、成長の鈍い歴史のある赤ちゃんは、フォローアップ処方の恩恵を受けることができます。赤ちゃんにとって何が最善かについて医師に相談してください。

母乳にフォーミュラを補充したいのですが。どうすればよいですか?

授乳コンサルタントは、赤ちゃんが4週齢になるまでボトルの導入を待つことをお勧めします。その時までに、母乳育児は通常十分に確立されていますが、赤ちゃんはまだ新しい種類の乳首に抵抗する可能性は低いです。 (授乳とボトルを取るには、異なるタイプの吸引が必要です。)

赤ちゃんはあなたとあなたのミルクの匂いを嗅ぐことができ、近くにいるとボトルを飲むことを拒否する可能性があるので、誰かに最初のボトルを与えることをお勧めします。

時折の給餌に調合乳を使用する予定がある場合は、24時間ごとに複数のボトルを提供しないでください。そうしないと、牛乳の生産が遅くなる可能性があります。すぐに仕事に戻り、外出中に介護者がベビーフォーミュラを渡して家にいるときに看護するように計画している場合は、3〜4日ごとに1つの哺乳瓶をボトルに取り替えることで、安心して食事を取り入れることができます。

数式で補足するためのヒントをさらに入手します。


ビデオを見る: 弁当お肉好きラーメン好きのためのお弁当を作ります炒飯焼豚男が作るお弁当チャーハン中華チャーシューチオベン北出さいちゃんコラボ (六月 2022).